<雑談>今だからこそ金に注目

最近、各メディアで金融不安って言葉がよく聞かれます。
ここのところの金融情勢は、はっきり言って恐慌です。
株の下がり方を見ていると、ほんと有り得ない動きでしたから。
こうも不安ばかりが先走ると、株式の常識なんて全くお構いなしですね。
実体経済があんなに急速に悪化することはないはずなのに、実体のないものに不安を抱くと、今まで価値があると信じていたものが全く信じられなくなるんでしょうね。
サブプライムローンに代表される金融商品がいかにバブリーなものだったか、ということになります。
日本は土地バブルであんなに痛い目にあったはずなのに。。。
アメリカももう少し地に脚付けて資本主義やれって感じです。
信用資本主義に走りすぎなんですよ。

そんな株式で大打撃をこうむったあなたに。

商品先物取引のサンワード貿易を紹介します。

サンワード貿易のホームページでは、マーケットコラムがあります。
そのマーケットコラムでは、金の相場とユーロドルの相場の間に相関性が見られることについて解説しています。
一般的に、株や債権相場が落ち込むと金の価格が上がる場合が多いと言われているようです。
そういった経済や社会に不安が高まると、金価格があがりやすいということは、不況に強い金融商品と言えるのかもしれませんね。

ま、もちろんこういった金融商品に「絶対」はないですけどね。

資料請求も出来るみたいなので、興味がある・でも少し不安って人は資料請求から始めてみては?


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック